ツアー情報ツアーレポート晴れクラブ案内投稿広場メールマガジン取扱旅行会社概要

[1日目] [2日目] [3日目] [4日目] [5日目] [TOPページに戻る]
2006年1月2日(月)フライト3日目
(子hホテル09:30→賽嘉航空公園10:30→フライト15:00→屏東→高雄→六号夜市)

 本日はフライト最終日、今朝は出発時間に余裕あるので、ホテル周辺を再度散策。公園のそばの朝市では、色んな野菜・フルーツ等の店がずらりと軒を並べ賑わっていました。

   
色んなフルーツが一杯    こんな物も売っています   4人乗りは当たり前     屏東のデパート  

 昨晩到着された、パルツアーに参加の鈴木さん、野口さんと合流し、蘇さんの奥さんの運転する車で賽嘉航空公園へ。

 今日は、昨日の様な好条件では無いが、そこそこは飛べそうな雰囲気。本日も北よりの風が入っている。クロカンへは出ずに三地山と手前の橋まで行ってくる事を目標にしてテイクオフ。テイクオフすると三地山側の南側で上がり始める。難なく三地山クリアかと思いきや、山頂付近の雲に阻まれ近づけない。仕方なく三地門(サンティーメン)方面へ上空からの観光を済ませ、再度三地山へ向かうが強烈なサーマルで荒れあれ、雲が1100m付近でびっしり張っている。雲低ぎりぎりで朝日山アウトアンドリターン、その後第二の目標の平野部に伸びた河にある橋を目指してアウトアンドリターン。目標もクリアした所で、南風に変わるのと同時に三地門側から、湿った空気が流れ込み真っ白になってきたので、ランディングすることに。ランデングする直前には、何となく雨粒を感じるほどのしっとり具合に。

 結局3日間ともフライトができ、楽しく終わらせる事が出来ました。


1/2のフライト軌跡

 ランデングするなり、みんなで高雄へ行き贅沢ご飯を食べに行こうと言う事になった。

 呉さんと蘇さんの運転する車にそれぞれ別れて、高雄へ移動。私たち夫婦は蘇さんの運転で移動したがあまりにも運転が凄く(F1並)固まったまま、言葉が出なかった。(台湾の人はみんな運転が荒い、日本ではまず考えられない)ちなみに蘇さんは台湾のパラ界では有数の選手だそうです。

 今夜私たちが泊まるホテル(漢王大飯店)まで送ってもらった後、蘇さん・呉さんとはお別れ。チェックイン後,5人でタクシーへ乗り目的の高級料理店へ。

 店の名前は『興魚翅専賣店』なんとフカヒレ・鮑の専門店(チョー贅沢だけど日本では絶対に食べられない値段で食べることが出来ました)。料理も写真の通り、普通ならとても食べきれない程の量の豪華料理の連続(全部食べちゃいましたが・・)

   
料理を待ちわびる妻と私    砂鍋大排翅(フカヒレ)    蒜茸龍蝦(エビ)      原隻鮑魚(アワビ) 

   
 原條牛排(ステーキ)    泰式鮮魚(白身魚)       人参混雛湯        精美甜湯/季節水果

 その後、鈴木さん、野口さんとは高雄駅で別れ、我々は高雄で一番大きな六号夜市へ。平日と言う事もあり、噂程人は多くなかったので通りは非常に歩きやすい。お腹は一杯だけど、せっかくなので台湾で食べ残したものを少しでも食べて見ることに・・。六号夜市は屏東の夜市を大きくした感じで、やはり、海鮮系の屋台が目立つ。当初出発する前に台湾の食べ物として思い描いていた、小龍包等の中華料理を探すが夜市では見当たらず、やはり海鮮系の屋台が多い。ガイドブックによく載っている牛肉麺を見つけたのでお店に入ると小龍包もあり、お腹一杯なのも忘れついつい注文。牛肉麺は味が濃く好みは別れそう、小龍包はGood!!

   
  六号夜市          臭豆腐          たこ焼きもあります     小龍包?と牛肉麺

   
    海鮮が豊富      フルーツがいっぱい    檳榔ヤシと石灰で作った  高雄の漢王ホテル 豪華です
              噛みタバコ?

 最後に足裏マッサージに行き、3日間の疲れをほぐし満足満足。足裏マッサージは日本語のメニューもあり、安心してマッサージ受けられます。値段もお手ごろでお薦めです。

 明日の出発が早い為、なごり惜しいがタクシーでホテルへ… 高雄のホテルはかなり豪華なホテルでビックリ。もっとゆっくりしたくなる程で、明日の朝が早いのがもったいないくらいでした。

[1日目] [2日目] [3日目] [4日目] [5日目] [TOPページに戻る]