ツアー情報ツアーレポート晴れクラブ案内投稿広場メールマガジン取扱旅行会社概要

日本人ツアー初めての“万里の長城”トップアウト!!
 「中国(万里の長城を飛ぶ)ツアー」5日間コースに参加しました。

  
       壮大な万里の長城   峰々をどこまでも続く長城   

[1日目] [2日目] [3日目] [4日目] [5日目] [TOPページに戻る]

 2005年10月22日朝7:30に成田空港に集合した東京組3人。お互い挨拶を交わして出国手続きを済ませる。フライトは中国航空の便で3時間半、国際線の3時間半は割と短く感じられた。パルツアーの今井さんは前日に北京入りをしているそうだ。我々だけで入国手続がうまくいくかな?と少し懸念したが、パラや無線についての税関チェックも全くなくスムーズに入国でき、迎えに来ていた今井さんの顔を見てホットした。

 岡山組1名もソウル経由でほぼ同時刻に北京到着したそうで、ここで今回の4名のメンバーが揃った。

 大型バンの車で北京市内のホテルに向かう。まだお昼過ぎなのでアシストを依頼しているクラブへ表敬訪問をする予定だったそうだが、今日はしっかり飛べててスクーリングが長びきそうで、クラブには誰もいないらしい。それでホテルへ直行となった。早い時刻でのホテルチェックインができたので、急遽観光に行く事になった。市の中心にある天安門広場とラストエンペラーで有名な故宮へ。100万人が集う事のできる天安門広場はやはり広〜い!

 
逆光になっちゃった・・・せっかくの男前が

 国家主席が民衆に手を振るあの天安門には、入場料を払えば上がれるそうだ。我々も上がることにして、かつて毛沢東が手を振ったひな壇の位置で記念写真をパチリ!

 

 

 

5時を過ぎると少し寒くなったので、温かいものを食べようと夕食は中国式しゃぶしゃぶとなった。


これが中国式しゃぶしゃぶだ!

 牛・猪(ブタのこと)・鶏・ラムと肉が次々運ばれてきて、いくらおかわりしてもOK。つけて食べるタレはごま味噌ダレだ。今井さんはポン酢ダレの方がいいといって。酢と醤油をもらってポン酢を作り、皆もこちらにした。どの肉も薄くスライスしているので、匂いを感じることはなくつい食べ過ぎてしまう。

も〜う満腹!!

 胃袋が満足するとお決まりのまぶた下降現象。ホテルに戻って明日の天気を祈りつつズズズッーー


[1日目] [2日目] [3日目] [4日目] [5日目] [TOPページに戻る]